神戸市兵庫区で整体・気功・首こり・顎関節症・ストレートネック・腰痛・外反拇指・内臓下垂・生理痛・花粉症・自律神経・アレルギー緩和・ストレス緩和なら神戸ソフト整体院へどうぞ。

 脳 

 脳 


画像の説明

一番重要なのは脳かもしれません。

それは運動機能の調整と生命活動の維持を担うからです。

司令塔ですね。

この司令塔である脳になんらかのダメージがあると各器官への

伝達がうまくいかないことも考えられます。


痛みもストレスも感情もすべて脳が感じています。




○大脳

 脳は硬い頭蓋骨で保護され、さらに脳硬膜、脳くも膜、脳軟膜で

 覆われています。

 脳の中で一番大きな大脳は精神活動と肉体活動を司どる約140億もの

 神経細胞の集まりであり、人体の総司令室といえる中枢機関です。


 左右二つの大脳半球から成り立っており、中心部の脳梁というところで

 無数の神経線維によって結ばれ、情報をとりあっています。

 左半身への命令は右脳が受け持ち、右半身への情報は

 左脳が受け持っています。


 左右への命令が逆になるのはほとんどの神経が

 延髄の部分で左右に交差しているからです。

 右脳は感覚的な働きを、左脳は理論的な働きをしています。


○小脳

 内耳からの情報で平衡感覚を保つ。古小脳。

 大脳からの運動情報を処理して運動命令を全身に伝える。新小脳。


○脳幹

 呼吸・心拍・体温を調整する神経が集まっていて、生命活動の中枢

 である最も重要な器官で間脳・中脳・延髄・橋から成り立っている。


 間脳は視床(視床上部・視床後部)・視床下部で成り立っています。

 視床下部は自律神経の中枢として、内分泌腺(ホルモン系)の分泌を

 支配、内臓などの筋肉運動の調節、体温・睡眠・消化・水分調節・

 性機能の中枢がある。


 中脳は眼球運動・瞳孔の調節などの中枢であり、

 視覚・聴覚の中間中枢でもある。

 橋は呼吸のリズム・呼吸の深さを調節する中枢です。


○脳下垂体

 視床下部の下にぶらさがっている器官で、視床下部の指示を受けて

 様々なホルモンを血液中に分泌している。

 分泌されるホルモンはそれぞれ働きかける器官が決まっていて。

 甲状腺・副腎・性腺などを刺激する各種のホルモンが分泌されます。


延髄の働きと中枢


・異物が鼻腔、気道に近づくと反射神経が働き、異物を体外へ出そうと

 するくしゃみ、咳の反射中枢があります。


・言語中枢は大脳皮質にありますが、発声の中枢は延髄にあります。

 酸素等が不足した場合、呼吸を速くしたり、深くしたりする呼吸中枢があり ます。


・呼吸運動に関連して、血管を収縮させたり、心臓の働きを

 抑えたりする血管運動、心臓調節の中枢があります。


・半ば無意識に行われている咀嚼運動、膵液分泌、飲み込みと呼吸を

 止めるタイミングなど消化運動の中枢が司っています。


・目を保護する働き、まぶたを閉じる中枢があります。


・汗の分泌中枢は脊髄に分布していますが、それらをまとめている

 汗の分泌中枢があります。


臨床では

○視床下部

○松果体

○扁桃体

○背内側前頭前野

○背外側前頭前野

○25野

○海馬

などにアプローチすることが多いです。



完全予約制です。
「ホームページを見て・・・」とお電話ください!
078-578-8208
    ご予約受付時間 9:00~18:00

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional