神戸市兵庫区で整体・気功・首こり・顎関節症・ストレートネック・腰痛・外反拇指・内臓下垂・生理痛・花粉症・自律神経・アレルギー緩和・ストレス緩和なら神戸ソフト整体院へどうぞ。

便 秘

便 秘



女性に多い便秘。

クライアントさんのなかにも多いです。

では、なぜ多いのでしょうか?


○砂糖・甘いものの摂り過ぎ

糖反射といって砂糖や甘いものは胃をぜん動させる筋肉が弛緩します。

弛緩した胃に食べ物が入ってくると重い胃袋となって

胃が下垂します。

下垂するとさらにぜん動運動が弱くなり大腸反射が

おきなくなって便秘になってしまいます。

骨盤のズレでおきるのではありません。


○自律神経・ストレス

これはどの器官でも影響を受けます。

すべて神経で支配されていますのでストレス⇒自律神経

はどんな症状もまずクリアしないと根本的解決にはならないでしょう。


○腸が硬くなってしまっている

ストレスや栄養などいろんなことで、腸が硬くなってしまうことがあります。

腸の硬さは便秘だけでなく、肩・首・腰・股関節や他の臓器にも

影響を与える可能性があります。この場合は腸を手技でゆるめていきます。


○栄養の問題


・繊維質

レンコン・ゴボウ・こんにゃく・ひじき・きのこ類を摂りましょう。


・NS乳酸菌(アルタイ乳酸菌)

腸のぜん動運動を活発にして、腸内の腐敗菌が作り出したものを

分解するため便通が改善して悪臭の消失します。


・ビタミンC

便が柔らかくなり、毎日起床時に1~2gのビタミンCを

白湯と一緒に飲むと効果があるようです

またビタミンCは腸内乳酸菌を増やす作用もあります。


・自然塩、スパイス

胃腸のぜん動を活発にして、胃腸内で内容物が腐敗するのを

防ぐ効果があります。自然塩は「天日海塩」がおすすめ。

また、生姜・マスタード・わさび・山椒・シナモンなどの

スパイスはカラダを温めて血流を改善して毛細血管の衰えを防ぐ作用があります。


胃下垂など調整ですぐ上がります。

次の日、便が大量に(笑)出ましたという報告もあります。

ですが甘いものを食べたり飲んだりを減らさないとすぐ元に戻ります。

特に食事前の1時間前は摂らないようにしてくださいね


実は胃はとても大事です。

氣力とも関係しているようです。

胃は英語でガッツというそうです(^^♪



完全予約制です。
「ホームページを見て・・・」とお電話ください!
078-578-8208
    ご予約受付時間 9:00~18:00

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional