神戸市兵庫区で整体・気功・首こり・顎関節症・ストレートネック・腰痛・外反拇指・内臓下垂・生理痛・花粉症・自律神経・アレルギー緩和・ストレス緩和なら神戸ソフト整体院へどうぞ。

姿勢について

姿勢について


姿勢の問題

「きをつけ」の良い姿勢が本当にカラダにとって良い姿勢なのでしょうか?

実は良い姿勢をとろうとするからカラダは歪むのです。

人は目線を平行に整える為に首や背骨を曲げたりして微調整をしながら、
カラダの平衡をたもっているのです。

さらに人の背骨などは曲がる事で力を逃がしたり内臓を保護したりしています。

結論;人の目がある所とない所で分け
人の目の無い所では楽な姿勢でいる事(楽な姿勢とはカラダが自然と求める姿勢です)


画像の説明

カラダの使い方

なぜカラダを痛めてばかりいるのか?

結論;それはカラダの使い方が悪いからです。

ではどうしたらいいかというと、重心を両足の中に常に入れておくことです。

例えば、上半身を前に曲げるときはその分お尻を後に突き出し、
重心点をカラダの外にださないようにすることです。

これは、全ての動作に共通するいいカラダの動かし方です。



猫背は本当に悪いの? 


画像の説明

猫背矯正などやっているところがありますが

それは本当に矯正が必要でしょうか?

上のイラストは骨盤が後傾しての影響が考えられますので

猫背矯正というより全体のバランス調整が必要です。

本来、背中の骨格(胸椎)は自然なカーブがあります。

一見、猫背のように見えても、その人の本来のカーブかもしれません。

骨格のカーブはその人によって角度が違います。

いわば個性ですね。

そんな方に無理矢理矯正してしまうと良いことはありません。

また、巻き肩(肩が巻くように前へ出ている様子)のように見えても、

骨格の構造を考えれば多少巻き肩のように見えるものです。

問題はカーブが失った平背です。

首の骨のカーブがなくなった状態をストレートネックといいます。

背中の骨のカーブがなくなった状態を平背といいます。

人の身体は自然なカーブがあることで

重力に対して緩和しています。

そのカーブがなくなってしまうと

立っているだけで疲れやすくなってしまいます。

そして付着している筋肉の状態も変わって

いつも違和感やコリ、痛みなど出やすくなってしまいます。



こんな姿勢は要注意です


画像の説明

上のイラストのような姿勢は歪みを助長しますので要注意です。

カラダの歪みは動いているときよりも静止しているときのほうが歪みやすいのです。

少しくらいなら大丈夫ですが、これが毎日毎日ですとカラダに負担をかけてしまいます。



完全予約制です。
「ホームページを見て・・・」とお電話ください!
078-578-8208
    ご予約受付時間 9:00~18:00




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional