神戸市兵庫区で整体・気功・首こり・顎関節症・ストレートネック・腰痛・外反拇指・内臓下垂・生理痛・花粉症・自律神経・アレルギー緩和・ストレス緩和なら神戸ソフト整体院へどうぞ。

足指の重要性

足指の重要性



あなたは足指を使えていますか?

グーパー運動(指を縮めたり伸ばしたり)が

しっかりできないのであれば足指の機能低下をおこしていますよー(^_^;


だいたい靴(ハイヒール)を履いていますから

毎日、足指が圧迫されています。圧迫→縮み血行不良・機能低下に・・・

足指を使わなくても歩けますし、使っていないのです。


そうすると足指は斜めに位置しているので

重心が小指側外側)へ→脚の外側の過緊張→脚・股関節・腰に負担→

疲労の蓄積となります。


また足指は足裏と同じくカラダの各器官とつながっていて

親指(脳、頸、肝)・人指し指(目、胃)・中指(目、肺、心)・

薬指(耳、自律神経、ホルモン)・小指(耳、腎、婦人科)という具合です。


ですから足指をしっかり使えるように縮みをとるように

回す、伸ばす、揉むなど適度な刺激を加えることは

重心の安定・ムダな緊張をとる・内臓の活性化につながります。


でも足指を使いたくても使えない場合があります。

それはなんらかの理由でアーチが崩れてしまっている場合です。

足には外側、内側の縦のアーチと横もアーチの3つあります。


この3つのアーチがカラダを支えています。

これらが下垂してアーチが崩れますと

開帳足になり、外反母趾、内反小指になってしまい、

足指が使いたくても使えない状態になってしまいます。


アーチを復活させるのは

足の骨格

下腿

股関節

内臓

などを調整する必要があります。


この前提を抜かして足指を使うトレーニング(タオルギャザーなど)を

やってしまうと足指が変形してしまいますので要注意です。

アーチがある状態でしたら足指のトレーニングは有効です。


また足指の変形によって影響がでることがあります。

親指~内転筋

人差し指~膝

中指~大腿直筋

薬指~外側ライン

小指~股関節・臀筋・腰


あなたの足指に愛情を♪



完全予約制です。
「ホームページを見て・・・」とお電話ください!
078-578-8208
    ご予約受付時間 9:00~18:00

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional