神戸市兵庫区で整体・気功・首こり・顎関節症・ストレートネック・腰痛・外反拇指・内臓下垂・生理痛・花粉症・自律神経・アレルギー緩和・ストレス緩和なら神戸ソフト整体院へどうぞ。

重心

重心


あなたは足のどこに重心をおいていますか?



【前後】

クライアントさんで多いのがつま先重心です。


つま先重心はフクラハギを緊張させてしまい、腰が前にいきます。
いわゆる反り腰です。そして猫背でバランスをとろうとします。



このバランスではアチコチにムダな緊張をおこしてしまいます。


ハイヒールを履いている状態と同じですね。


横から見たとき、ふとももの横の真ん中と肩・耳・くるぶしのラインが良いと
されています。これが前重心だとふとももの横が前へいってしまうのです。



縦のラインが斜めになってしまうんですね。

では重心はどこがいいのでしょうか?


それはくるぶしとくるぶしの間から少し前の距骨下くらいです。


カカトではありませんがカカトよりです。
重心を前にもっていったときと後にもっていったときの肩の重さをみてください。


人にもよりますが、後にもっていったほうが軽くなってませんか?
軽くなっている人ほど、普段から前重心になっていると思われます。
それを氣をつけるだけでムダな緊張は減りますので 楽になると思います。





【左右(内外)】


親指側(内側)でもなく小指側(外側)でもなく、

中指ラインが中心線になります。'

真ん中ですね。


外側に重心がかかると腓骨(脛の骨の外側の骨)が下がり、内側の膝関節が詰まり、
太ももの外側の筋肉が過緊張を起こし、骨盤をとりまく筋肉も過緊張を起こしたりして上へ上へと波及してしまいます。



では、どうすればいいのでしょうか?


歩くときは親指ではなく中指で蹴るように意識してみてください

親指で蹴るように歩くと外反母趾の原因にもなるようです。


骨盤が少しくらいズレても、正しい歩き方をすれば整います。
よく骨盤調整をしているところがありますが足も調整して、歩き方を注意しないと
2、3歩ほど歩いただけですぐズレてしまいます(^_^;)



また重心は足だけでなく上半身の体幹の崩れ(前後・左右のねじれ・左右の傾き)
の影響で荷重足、非荷重足となってしまう可能性もありますので
重心に狂いを生じます。ですから体幹も同時に調整しなければなりません。


重心を考えるとき、体幹と足は重要項目です。



完全予約制です。
「ホームページを見て・・・」とお電話ください!
078-578-8208
    ご予約受付時間 9:00~18:00

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional