神戸市兵庫区で整体・気功・首こり・顎関節症・ストレートネック・腰痛・外反拇指・内臓下垂・生理痛・花粉症・自律神経・アレルギー緩和・ストレス緩和なら神戸ソフト整体院へどうぞ。

歩き方

カテゴリ:足

歩き方

今日は雨です。

静かな雨の日もいいものですね♪

ちっこい整体セラピストりゅうです(^・^)


いくら調整しても歩き方次第でおかしくなることがあります。

一般的にはカカトで着地して親指を蹴るように歩いている場合が多いです。

それよりも

フラット着地で中指を蹴るように歩く方がいいようです。


そもそも親指を使って歩くのがおかしいのです。

というのも

骨格の構造上、親指は少し浮いています。

浮いているものを使うことで

外反母趾になる可能性が高いです。


親指を使う必要がないのですね。

ちなみに歌舞伎や能の動作で親指を使っていないのです。

少し浮いています。

これが自然な使い方なんでしょうね。


ハイヒールも親指を使って歩きますと

ふくらはぎも太くなりがちで

外反母趾にもなる可能性が高いです。

中指を使って歩きますと脚も細くなるかもしれません(笑)


カカト着地は本来はない動きなんですね。

裸足がいいのは

カカト着地しているとカカトが痛いので

その動きをしないのです。

靴ですと痛くないのでカカト着地をしてしまいます。


フラット着地は上からの着地です。

中指の付け根、土踏まずの頂点に荷重がかかり、

中指の中心線を通り抜けながら歩くのがいいようです。

走るときもこの方がいいと一部ではいわれています(笑)

スポーツ選手で外反母趾が多いのは

親指を強く蹴って使うからでしょうね。


最近はケアとして歩き方を指導しています。

中指なんて意識していない方が多いので

わかりにくいようですが意識していると

使うようになりますのでご安心を(笑)

馴れの問題だけですから。


少しくらい歪んでいても

歩き方で修正されます。

それが本来のカラダなんです。

脚を組んで座っていてもいいのです。

動いたときに修正されるのが本来のカラダです。

カラダって不思議でおもしろいものですよ♪


あなたが笑顔いっぱいで輝きますように☆


【あなたが輝くために】

ココロとカラダのバランス整体院

神戸ソフト整体院

☆新開地駅から徒歩3分

☆兵庫中学校の斜め向かい

☆神戸市兵庫区塚本通1-1-3岡崎ビル2F

☆定休日 日曜日

☆9:00~20:00

電話予約制 078-578-8208

☆HP http://www/koube.info

☆FB https://www.facebook.com/softseitai

コメント


認証コード8873

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional